ブリッジの被せ物

ブリッジの被せ物

ブリッジの被せ物

ブリッジ治療において重要なのは、固定の仕方と被せ物です。
前者に関しては欠損した部位や歯の欠損具合によって限られますから、歯科医にお任せすることが多くなると思います。
 
しかし、後者に関しては患者の側に選択が委ねられることも少なくないのです。
今回はブリッジ治療における被せ物の種類について詳しく見ていきましょう。

 

前歯を欠損した際の保険適用の治療としては、レジンという素材が一般的です。
金属で作られたブリッジの表面をレジンが覆っています。
保険適用の治療なので安価ではありますが、長年使用しているとレジンに着色を帯びることがあるので注意しましょう。
保険適用外のオールセラミックは、本物の歯と見間違えてしまうほどの美しさが魅力です。
前歯は人の視線を集めますから、自然な仕上がりが理想という人におすすめです。
光を通すため、明るい場所に晒されても義歯だと気づかれることが少ないのです。
義歯は長年使っていると黒ずんでしまうというイメージをお持ちの方もいるかもしれません。
しかし、オールセラミックは変色しにくいため、何年も美しい歯を保ったままでいられるのです。
奥歯のブリッジにおいて保険を適用したいときは銀属冠、いわゆる銀歯を用いることになります。
審美性を気にしない方であれば、奥歯の義歯なので問題はありません。
自費診療で美しさを追求したいという人は、メタルボンドという素材の義歯を奥歯のブリッジに用いると良いでしょう。
光沢が自然で、黄ばみや黒ずみといった変色が起こりにくいのが特徴です。
歯に何を求めるかによって被せ物の種類も変わってくるので、歯科医と相談しながら決めるようにしましょう。

関連ページ

審美歯科のセラミック治療
審美歯科のセラミック治療
入れ歯と差し歯の違い
入れ歯と差し歯の違い
骨造成手術の種類
骨造成手術の種類
ブリッジ治療と保険
ブリッジ治療と保険
ホワイトニングについて
ホワイトニングについて
パーフェクトぺリオの効果について
パーフェクトぺリオの効果について
GBR法
GBR法

ホーム RSS購読 サイトマップ