歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは

歯周病とは歯茎の病気のことです。
日本人の成人の約8割がかかっていると言われているほど、
誰にでもかかるリスクがある病気だと言えます。

 

歯周病を引き起こすのはプラークが原因なのですが、
これによって歯の周りの骨が溶けて歯茎が腫れる、
重症化すると歯が抜け落ちてしまうことになります。
歯周病が恐ろしいのは、自覚症状が表れにくい点です。
何かしらの自覚症状が見られるようになったときは、
既にかなり症状が進行していますので定期的に歯科医院を受診して診断してもらうことが重要になります。
 

 

今予防歯科の考えが浸透してきており、
虫歯や歯周病にならないために歯科医院を定期的に受診する方が増えています。
今まで歯科医院は虫歯ができてから行く場所だという認識が強かったのですが、
虫歯になってから歯科医院を受診すると既に虫歯がかなり進行している状態であり、
それから治療を受けると治療が長引く、痛みを伴うことが多かったのです。
まだ自覚症状がない段階で虫歯や歯周病を発見してもらうためには、
歯科医師に定期的に虫歯や歯周病の有無を調べてもらうことが重要になります。
歯周病も早い段階で発見することができれば、
症状が重症化する前に気が付き治療を受けて改善することができるのです。

 

一度プラークによって骨が溶かされてしまうと、
それを治療するのは困難ですし時間もかかります。
今歯周病に関する治療も発達していますので、
歯周病は治らない病気ではありませんが早めに治療を受けた方が回復の可能性が高いですし、
治療期間も短くて済みます。


ホーム RSS購読 サイトマップ