GBR法

GBR法

GBR法

子供の頃から歯磨きについて口酸っぱく注意されてきたという人も多いことでしょう。
歯や歯茎は身体の組織の中でも、
一度欠損してしまうと再生する可能性が非常に低い部位といえます。
だからこそ義歯を埋め込むわけですし、歯磨きの重要性が説かれているのです。
近年ではインプラントという高性能の義歯が誕生しています。
この施術を受ける準備段階として、
失ってしまった歯の土台となる骨を再生させる治療が行われているのです。
その施術の名前をGBR法といいます。

 

GBR法は、歯茎を切開した部分に遮断膜という人工の膜を挿入し、その中に骨再生誘導材というものを注入します。
切開した部分を閉じ、半年から1年ほど待つと骨再生誘導材を埋め込んだ場所に歯槽骨が復活しているというものです。
聞いただけでは信じられないような施術ですが、GBR法は多くの患者に利用され、インプラントを支える骨を再生してきました。
施術の流れによっては、骨再生誘導材と一緒に義歯の土台部分、いわゆるインプラントを埋め込んでしまうという方法もあります。
どちらにせよ、骨再生誘導材が歯茎の中にあるときは、その部分を必要以上に刺激しないように気を付けなくてはいけません。
GBR法は原則として骨の成長が一段落する16歳以上が対象となっています。
施術の仕方は患者の骨の状態によって異なります。
骨の大幅な欠損が見られる場合には、複数回にわたってGBR法を行ってからようやくインプラントの挿入に移ることもあるのです。
インプラントを歯に入れたいと考えている方は、GBR法という骨造形手術について歯科医の話を詳しく聞いてみることをおすすめします。
 


ホーム RSS購読 サイトマップ