入れ歯と差し歯の違い

入れ歯と差し歯の違い

入れ歯と差し歯の違い

虫歯などのお口トラブルで歯を欠損してしまった場合、義歯を装着するという選択を迫られることもあるでしょう。
近年では義歯といっても様々な種類のものが生まれています。
種類が多い分混同しやすいため、歯科医院を訪れる前に義歯に関する知識を蓄えておいた方がより良い治療の選択に役立つことでしょう。

 

よく耳にする入れ歯と差し歯。
どちらも義歯であることは事実ですが、両者の相違点について深く知っている人はどれだけいるでしょうか?
 

 

そもそも入れ歯とは、歯と歯の間に入れる歯のことを表します。
あくまで「入れる」ための歯であり、固定方法はクラスプなどを他の歯の根元に引っかけるというシンプルなものです。
施術の料金は比較的リーズナブルですが、固定する力が差し歯よりも弱いというのが弱点です。
一方の差し歯は、歯の根元に向かって差し込む義歯のことです。
他の歯にブリッジを引っかけるといった固定方法ではないため、非常に強い力でものを噛むことが出来ます。
ただし、差し歯を挿入する根元の部分は自分の歯の一部でなくてはいけません。
つまり、歯根まで浸食されてしまった虫歯などの場合には差し歯を利用することは不可能なのです。

 

入れ歯や差し歯に似た施術として最近話題を集めているのがインプラントです。
インプラントは歯槽骨と呼ばれる歯を支える骨に穴を開け、
歯の根元から歯冠にかけてすべてを人工物で構成された歯を埋め込みます。
保険適用外なので料金は非常に高額ですが、違和感が少なく見た目にも美しい義歯として人気を集めています。
自分のお口の状態と相談しながら、どの義歯にするか選択していきましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ