骨造成手術の種類

骨造成手術の種類

骨造成手術の種類

新時代の義歯として最近注目を集めている施術といえばインプラントです。
インプラントのメリットは歯の土台から根元までを義歯として埋め込むことで本物の歯と同様の力強い咀嚼が可能になるという点です。
見た目にも美しく、歯も欠けにくいという魅力も見逃せません。

 

そんなインプラントを行うに当たって注意しなくてはいけないのが歯槽骨の残量です。
インプラントを埋め込む基礎となる骨の量が少ないと、インプラントをしっかりと固定することが出来ません。
歯を根元から取り出さなくてはいけないほど虫歯が進行している場合、骨も欠損していることがよくあります。
こうなると、インプラントを行うのに充分な量の骨が無いという人も少なくないのです。
そんな皆さんにぜひ知っておいていただきたいのが骨造成手術です。

 

骨造成手術とは、歯槽骨に骨を移植、もしくは骨を再生させることで骨の残量を補う施術のことをいいます。
今回は、骨造成手術の種類について2つご紹介します。
 

 

1つはソケットリフトと呼ばれるものです。
こちらは、鼻の下にある粘膜を横に移植し、インプラントを埋め込むための空間を確保するというものです。
歯があった部分の歯茎や歯が抜け落ちた穴を活用します。
歯茎の切開や粘膜の移植を行った後、
骨補填材という疑似的な骨を空いたスペースに埋め込みます。
こうすることで、インプラントを埋め込むための骨を増強するのです。
サイナスリフトという骨造形手術は、歯茎の側面から切開を行い、
そこに疑似的な骨を埋め込むという手法です。
どちらの方法にしても、
骨が定着するまで数カ月かかるためインプラントを受ける際には心の余裕をもって施術に臨みましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ