歯医者さんの歯磨き指導

歯医者さんの歯磨き指導

歯医者さんの歯磨き指導

あなたは、正しい歯磨きの方法で、歯を磨けていますか?

 

毎日しっかり歯磨きしているつもりなのに、
虫歯になってしまう人は、
歯磨きの方法に問題があるのかもしれません。

 

歯科医院では、予防歯科の一環として、歯磨き指導が行われています。
 
では歯磨き指導とは、どのようなものなのか紹介したいと思います。

 

まず歯磨き指導では、選ぶ歯ブラシから指導していきます。
歯ブラシのヘッドの大きさは、
大きなものよりも小さなものを選ぶようにしましょう。
小さい方が、狭くて小さいところまで磨く事が出来るため、
磨き残しを減らす事が出来ます。

 

硬い毛を選んでしまうと、
少し力を入れすぎると歯を傷つけてしまう場合があります。
そのため普通を選ぶ方が、しっかりと磨く事が出来るでしょう。

 

ただし、歯茎が炎症を起こしている時などは、柔らかい毛を選んで、
刺激を与えないようにそっと磨きましょう。

 

次は歯ブラシの握り方です。
多くの人は力を入れてゴシゴシ磨いた方が汚れが落ちると、
力を入れすぎてしまっています。

 

しかしゴシゴシ擦れば、すぐに歯ブラシの毛先が広がってしまい、
歯垢を落とす事が出来ません。

 

また歯や歯茎を傷つけると、そこから細菌が発生し、
歯周病の原因にもなってしまいます。
力を入れず、軽いタッチで優しく握るようにして下さい。

 

歯ブラシを交換する目安は2週間程度です。
もしそれより前に毛先が広がってしまうようなら、
握る力が強すぎると判断して下さい。

 

そして歯磨きは、鏡を見ながら磨きましょう。
鏡で歯の形を確認し、歯ブラシの傾きを変えたり、
握り方を変え、磨きやすい角度を覚えましょう。

 

磨きにくいと感じた部分が、
磨き残しが多い場所になるため、念入りに磨きましょう。

 

正しい歯磨きをする事で、
虫歯や歯周病になる確率はかなり低くする事ができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ