歯医者さんでの様々な治療

歯医者さんでの様々な治療

虫歯の原因

みなさんは、どのくらいの感覚で歯医者さんに通っていますか。
 
「痛みが出ない限り、歯医者さんに行くことはない」という方もいるでしょう。
しかし、中にはすぐに虫歯が出来てしまい、治療が必要となる方もいますよね。
逆に、歯医者さんに通っていないのに、虫歯が出来にくい方もいます。

 

では、そもそも虫歯はどうして出来てしまうのか、ご紹介しましょう。

 

まず、虫歯が出来てしまう原因としては、
虫歯菌の量が増えてしまったことやエナメル質が弱くなってしまったり、
食生活などが関係しています。

 

虫歯菌は、細菌の一つとなりますが、
口内環境が悪くなってしまうと菌が増えてしまい、虫歯になりやすくなります。

 

歯を守ってくれている、エナメル質の耐酸性力が弱くなってしまった際にも、
虫歯は出来やすくなります。

 

「甘いものが好きで、良く甘いものを食べている」という方もいると思いますが、
こういった方は食生活の影響により、虫歯が出来やすい環境をつくり出してしまうことになります。

 

虫歯になりやすいと感じている方は、
これらの中に当てはまる原因がある方もいるのではないでしょうか。

 

虫歯を出来にくくするためには、こういった原因から改善していくことも大切となります。
これらは、歯医者さんでも指導してくれますから、治療時に相談してみるのも良いですよ。

 

歯医者さんに行く際には、「治療を始める時」という方も多いと思いますが、
虫歯の治療はやはり辛いものですから、出来るだけ虫歯が出来ない様に、
歯医者さんからアドバイスを受けながら、普段からのケアが大切となるでしょう。

虫歯をほおっておくと

「冷たいものが、しみるようになってきた」という方の中には、
「虫歯が出来てしまっているかもしれない」と感じている方も多いでしょう。

 

虫歯に気づくと、すぐに歯医者さんに通われる方もいると思いますが、
歯医者さんが苦手な方は
「まだ、痛みが強いわけではないから大丈夫」とほおっておく方もいると思います。

 

では、虫歯をほおっておくと、どういった状態となってしまうのか、ご紹介しましょう。

 

まず、虫歯の状態が進行してしまえば、
当然しみるという状態だけではなく、痛みを伴うことになります。

 

状態によっては、常にズキンズキンとした痛みがあり、
仕事も手につかない状態となってしまうこともあるでしょう。
顔が腫れてしまったりすることもあります。

 

中には、見た目では分からない様な、
詰め物の下に虫歯が出来てしまうこともあります。

 

こういった場合には、痛みが強いこともありますから、
まずは痛み止めで痛みを抑えてから治療を行うことになります。

 

場合によっては、あごの骨が腐ってしまうこともあるんですよ。

 

虫歯により歯の炎症がひどくなってしまうこともあり、
そうなると神経が死んだ状態となってしまいます。
そして、炎症が広がり、他の場所へと細菌が運ばれてしまうこともありますので、十分注意が必要。

 

特に、虫歯により鈍痛を感じている方の場合には、
早めに歯医者さんに相談した方が良いでしょう。
大島に居を構えるこちらの歯科ではこういった些細な点も逃さずカウンセリングしてくれるので、非常に評判がよいです。通うのであれば、技術ももちろんですが、歯医者さんと信頼関係が築けるところを選びたいですね。

 

このように、虫歯はほおっておくと、大変な状態となってしまうこともあります。

 

「たかが虫歯」と思っている方も、虫歯により様々な悪影響を及ぼしてしまうこともありますので、
後々「もっと早く歯医者さんに行けば良かった」と後悔しない様に、早めに治療をはじめましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ